チベット難民23人を送還から救ってください

【9月22日】ネパール入管は23人を解放し、UNHCRに引き渡しました! たくさんの声に感謝します。引き続き彼らがインドへ移送されるまで見守りましょう。そして今回のような事態が再び起きぬよう、ネパール政府に感謝のメッセージを伝えてください。

397879431.jpg

9月11日、チベット本土から逃れようとしたチベット人20人が、ネパール国境で捕まりました。数日後、さらに3人が拘束されました。1週間経った現在も彼らはネパール入管に拘束されています。ほとんどが17〜20歳の幼い子供たちのようです。
HURON(ネパール人権機構)のメンバーが入管を訪問し、チベット人たちの釈放を要望しました。が、事態は緊迫しています。情報によれば、中国政府はネパール政府に対して、チベット人たちの送還を要請したということです。送還は絶対に阻止しなければなりません。

チベット本土からネパールに逃れたチベット人は通常、人道的見地からネパール政府とUNHCR(国連高等弁務官事務所)との協定に基づき、UNHCRの保護下でチベット亡命政府のあるインド・ダラムサラへ移送されます。
今回の事例についても、UNHCRはネパール当局に23人の引き渡しを要請しました。

一方、HURONによれば中国政府は外交ルートを通じ、今回の事例は「国際的誘拐」であるとして、23人を中国当局に引き渡すようネパール政府に要請している模様で、これまでとは異例の事態になることが危惧されています。

ネパール当局は早ければ一両日中に23人の取り扱いを決める模様です。
いますぐネパール内務省、在日ネパール大使館に、中国への引き渡しを中止し、23人をUNHCRに保護させるよう要請してください。

要請文のダウンロード
セブンイレブンのネットプリントからも出力できます。 予約番号:67ADSXQQ 有効期限9/28

The Right Honorable Dr. Baburam Bhattarai
c/o Nepal Consulate General
c/o Ministry of Home Affairs
c/o Nepal Embassy Japan

September 21, 2011

Right Honorable Prime Minister Bhattarai,

I am writing to express my grave concern for the 23 Tibetan refugees — including eight children — being held by the Nepalese Department of Immigration (DOI) in Kathmandu. The group was detained around September 11th and has not been processed in accordance with the "Gentlemen's Agreement" between the Government of Nepal and the United Nations High Commission for Refugees (UNHCR).

Reports from credible sources indicate that the Chinese government is claiming the eight minors in the group to be victims of human trafficking. These reports represent an alarming escalation in China's campaign to stop the flow of Tibetan refugees — escaping state-sponsored repression in Tibet — into Nepal and India. In the many decades that Tibetans have been entering Nepal from Tibet, we know there has been not a single case of human trafficking.

In this case, the 23 Tibetans in detention have been interviewed by the UNHCR and others extensively and there is no evidence to support China's claims. In fact, according to the interviews, the reasons given by the group for leaving Tibet are consistent with traditional reasons Tibetans leave Tibet, compiled over decades.

I understand Nepal has just been hit by an earthquake and I extend to you my deepest sympathies and condolences for the lives lost. I assume that this terrible natural disaster may have caused a delay in processing the refugees' case. I felt compelled to write to you and ask you to personally ensure this issue is swiftly resolved and the basic rights of the Tibetan refugees upheld.

For many decades, Nepal provided extraordinarily generous refuge for Tibetan refugees — providing them with shelter, medical services and even education and many Tibetans are productive citizens of Nepal. In keeping with these values, I urges your government to immediately:

1) Uphold the "Gentlemen's Agreement" with the UNHCR and allow for the safe transit of the 23 Tibetan refugees to India; and

2) Comply with the international principle of non-refoulement and honor your obligation under the UN Torture Convention to prevent the forcible return of anyone to a country where they are at risk of being subjected to torture.

I will be monitoring this situation closely and updating our members worldwide to developments in this case.

Sincerely,

(Your Signature)

ネパール首相閣下

カトマンズの入国管理局に拘束されている23人(うち8人は子ども)のチベット難民について、私は深い懸念をお伝えしなければなりません。23人は9月11日に拘束されましたが、ネパール政府がUNHCR(国連高等弁務官事務所)との「紳士協定」に基づき進められるべき手続きが取られないままになっています。
信頼できる情報によれば、中国政府は8人の子どもたちが国際的誘拐の被害者であると主張しているそうです。中国政府の圧政を逃れようとしてネパールやインドに亡命しようとするチベット難民の流れを、中国当局が必死に停めようとしている姿がこの情報には垣間見えます。既に数十年にわたり、チベット人はネパールを経由して亡命をはかっており、もしそれが「誘拐」だとしても今回が初めてではないのです。
23人のチベット難民はUNHCRの事情聴取に応じており、中国の主張には何の根拠もありません。彼らが亡命をはかった理由はこの数十年と何ら変わっていないといいます。
ネパールでは地震が起きたばかりです。その犠牲者に対して私は深い悲しみと哀悼の意を表します。この自然災害への対応が、難民に対する手続きを遅らせていると信じたいです。しかしながら、私はチベット難民の人権のために、この事態がすみやかに解決されるよう、首相閣下にこの文章をしたためざるを得ません。
ネパール政府にはこの数十年間、チベット難民に対して一時保護や医療措置、教育などの面で多大な援助をしていただきました。この成果を無にしないためにも、私はネパール政府に対して以下のとおり要請します。

1. UNHCR(国連高等弁務官事務所)との「紳士協定」を尊重し、23人のチベット難民が安全にインドへ移送されるようご配慮ください
2. 拷問に遭う可能性のある人々を送還しないよう、ノン・ルフールマン原則(追放及び送還の禁止)に従い、国連拷問禁止条約を尊重してください

私は事態を引き続き注意深く見守り、この事件について我が国の駐ネパール大使にも注意を促す次第です。

(日付と署名)

ネパール内務省の宛先

メール

  • pn.vog.ahom|ofni#pn.vog.ahom|ofni

在日ネパール大使館の宛先

Webサイト

メール

  • moc.liamg|napaj.yssabmelapen#moc.liamg|napaj.yssabmelapen

電話・FAX

  • TEL: 03-3713-6241, 03-3713-6242
  • FAX: 03-3719-0737

(番号間違いにご注意ください)