チベット インディペンデンス 100
100years.jpg

「我々チベットは小さな独立宗教国家である。」――
 20世紀初めの帝国主義の時代、英露の「グレート・ゲーム」に巻き込まれたチベットは、辛亥革命と満州王朝(清朝)崩壊という歴史の荒波のなかで近代国家への道を模索します。ダライ・ラマ13世は1913年2月14日(チベット暦1月8日)、新年の大法要で冒頭のように布告しました。「祖国の独立を守り、維持するために、我々は一人残らず自発的に努力するべきである。」全チベット人に国民としての自覚を求めたこの布告は、チベットにおいて、正式な独立宣言とみなされています。
 この日から100周年を記念して、SFT Japanは2月14日、「チベット インディペンデンス100」と題し、チベットの歴史と魅力について多くの方々に知っていただくための講演会を催します。この講演会は、SFT(本部NY)が布告から100周年を機に世界各地に広げている「RECLAIM HISTORY」キャンペーンの一環です。

日時

2013年2月14日(木)開場 18:30 開演 19:00

会場

新宿区立 角筈区民ホール (新宿区西新宿4丁目33番7号)

大江戸線 都庁前駅下車 徒歩約10分   
京王線 初台駅下車 徒歩約10分
新都心循環バス パークハイアット東京前下車 徒歩1分 新宿駅西口(京王デパート前21番バスのりば)時刻表

※注意事項
・館内は全館禁煙です。
・ホールがある3階は飲食禁止となっております。2階にあるフリースペースをご利用ください。

参加費

前売り1000円(Webで申込、参加費を振込) 当日1500円

お申込み

事前申し込みは、終了しました。
当日、会場受付にてお申し込みください。

プログラム

*講演/野口 健氏 

noguchi.jpg

アルピニスト、写真家
1973年8月21日生まれ。高校時代に故・植村直己氏の著書『青春を山に賭けて』に感銘を受け登山を始める。
1999年、エベレストの登頂に成功、7大陸最高峰世界最年少登頂記録を25歳で樹立。
2000年からはエベレストや富士山での清掃活動を開始。積極的に環境問題への取り組みを行っている。


*講演/石濱 裕美子氏 

ishihama.jpg

早稲田大学教育・総合科学学術院教授
東京都出身。早稲田大学大学院文学研究科後期課程単位取得退学(東洋史学専攻)。文学博士。
専門はチベット仏教世界(チベット・モンゴル・満州)の歴史と文化。
著書に『チベット仏教世界の歴史的研究』(東方書店、1999)、『世界を魅了するチベット』(三和書籍、2010)、『清朝とチベット仏教』(早稲田大学出版部、2011)。

主催

Students for a Free Tibet Japan(SFT日本)